朝活永井塾 第63回『マズロー「完全なる」』を行いました


5月11日は、第63回の朝活・永井塾。テーマは『マズロー「完全なる経営」』でした。

世の中には、読まれずに誤解されている古典的名著が意外と多いのですが、マズロー著『完全なる経営』もそんな一冊です。

 マズローは本書で『欲求段階説』を提唱しましたが、多くの人が「マズローの欲求段階説」と聞くと思い浮かべる、あの5階層ピラミッドの図は、実はマズロー自身は書いていませんし、「欲求は5段階ある」とも言っていません。 

マズローが考え抜いたのは「よい企業とは、どうあるべきか」です。「自己実現を目指す人たち」が「よい企業」をつくり、「よい企業」が「自己実現を目指す人たち」を生み出します。本書のテーマは「いかにこの好循環をつくるか」なのです。マズロー思想は、現代経営理論にも大きな影響を与えています。

本書は、現代でも宝の山。そこで今回の朝活永井塾では、下記をテキストにして、マズローの考え方を学んでいきました。

 『完全なる経営』(アブラハム・H・マズロー著)

ご参加下さった皆様、有り難うございました。

【プレゼン部分】

またリアルタイムに参加できなかった方々には動画配信をお送りしました。

次回6月8日(水)の朝活勉強会「永井塾」は、『GRIT やり抜く力』がテーマです。申込みはこちらからどうぞ。