著書

著書は10冊を超え、海外翻訳版も充実してきました。


主な著書

タイトル:これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング
出版社:SB新書
著者名:永井孝尚
内容:なぜ「あれ」は売れるのに、「これ」は売れないのか
マーケティングは、勉強したいと思いつつ、つい後回しになりがちです。そこで本書は、身近な事例でマーケティングが学べる、8つの物語を収録しました。モノを売る仕事をする人にとって、マーケティングの知識は必須です。この1冊から、マーケティングに親しめば、きっと明日からあなたの売り方が変わるはずです。
出版年月:2016年10月
価格:800円(税別)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon
タイトル:そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル
出版社:KADOKAWA
著者名:永井孝尚
内容:「日本一暗い村」――長野県阿智村の温泉旅館で働く新人・諸星明は、衰退する温泉郷の立て直しを画策するが、バブル時代の成功体験が忘れられない周囲は関心を示さないどころか反対する始末。そんな逆風のなか諸星と数人のメンバーが始めた「ディズニーを超える」という挑戦が「売れない時代」の新しいビジネスモデルにつながっていく――。ヒトなし、カネなし、モノなしの限られた状況の中、諸星は新規事業を成功できるのか?
出版年月:2016年4月
価格:1,400円(税別)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon




【海外翻訳版】
 
タイトル:文庫版「100円のコーラを1000円で売る方法
出版社:KADOKAWA
著者名:永井孝尚
内容:美貌で男勝りの商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、“Appleにできて日本企業にできない壁"であった。 はたして彼女は、日本が抱える課題――「高品質で多機能、でも低収益」から脱却できるのか? コトラーからブルーオーシャン、キャズム理論まで、マーケティングの基本がわかる、10の物語。(※2011年12月刊の同名単行本の文庫化作品です)
出版年月:2016年1月
価格:600円(税別)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon
タイトル:戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!
出版社:KADOKAWA 中経出版
著者名:永井孝尚
内容:セブンカフェ、マック:100円コーヒーの本当の狙いは?スターバックス:広告費を駆けない「ブランドスパークス」とは?ドトール:低価格競争の裏にある戦略とは?ネスレ:フリー(無料)なのになぜ儲かる?コーヒー業界をみれば「最新ビジネス戦略」がすべてわかる!最新ビジネス戦略がわかる10の物語
出版年月:2014年9月
価格:1,400円(税別)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon





【海外翻訳版】
 
タイトル:コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法3
出版社:KADOKAWA 中経出版
著者名:永井孝尚
内容:市場競争に勝ち抜いた宮前久美の前に最強のライバル登場! グローバル競争が吹き荒れる中、久美の新たなる戦いが始まる。イノベーションからM&A、グローバル競争戦略まで学べる大好評ビジネスコミック第3弾。
出版年月:2014年7月
価格:1,000円(税別)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon
タイトル:図解 100円のコーラを1000円で売る方法
出版社:KADOKAWA 中経出版
著者名:永井孝尚
内容:シリーズ50万部の「100円のコーラを1000円で売る方法」全3巻で紹介した経営理論を一冊に図解した本。
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon
タイトル:「戦略力」が身につく方法
出版社:PHP研究所
著者名:永井孝尚
内容:ライバルは追うな、価格は下げるな、戦略策定は完璧にするな。日本IBMで数多くの戦略立案・実施に携わった著者が明かす戦略プロフェッショナルの心得。
出版年月:2013年9月
価格:840円 (税別)
書評: ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon
タイトル:コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法2
出版社:中経出版
著者名:永井孝尚
内容:ベストセラーシリーズコミック版の第2巻!前作で「商品開発」を成功させた主人公・宮前久美が今回挑むのは、「サムスンにできて日本企業にできない壁」だった―!「過去の成功体験からの脱却」をテーマに、小さな会社がメジャーな大会社に勝つための「これからの企業戦略」をコミックで学べる一冊。
出版年月:2013年9月
価格:1,000円(税別)
書評:  ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon
タイトル:100円のコーラを1000円で売る方法3
出版社:中経出版
著者名:永井孝尚
内容:イノベーションとリスクに挑戦しろ。国内大手ライバル・バリューマックス社との市場競争を生き抜いた宮前久美と駒沢商会だったが、ついにグローバル企業の黒船が襲い掛かる。しかも、そのトップはかつての仲間であり師匠の与田誠だった。彼女はグローバル競争のハリケーンが吹き荒れる日本企業で「新たな成長となるイノベーション」を起こすことができるか?シリーズ完結!現状維持は破滅。新たな顧客と市場を創り出せ!イノベーションからM&A、グローバル競争戦略まで1冊でつかめる!
出版年月:2013年6月
価格:1,400円(税別)
書評: ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon





【海外翻訳版】
 
タイトル:コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法
出版社:中経出版
著者名:永井孝尚(著)、阿部花次郎(画)
内容:22万部突破のベストセラーがコミックになった!新人商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、「Appleにできて日本企業にできない壁」だった。彼女は日本が抱える課題――「高品質・多機能。でも低収益」から脱却できるのか?
マンガで学べるMBAマーケティング理論!
出版年月:2012年12月
価格:1,000円(税別)
書評: ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon
 
タイトル:
100円のコーラを1000円で売る方法2
出版社:中経出版
著者名:永井孝尚
内容:商品開発を成功させた宮前久美が次に挑んだのは「サムスンにできて日本企業にできない戦略」だった。彼女は高度成長期の成功体験に囚われた日本企業で「新しい成長ストーリー」を打ち出すことができるか――。
ポーターからランチェスター、野中郁次郎までビジネス戦略がストーリーで学べる一冊。
出版年月:2012年9月
価格:1,400円(税別)
書評: ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon





【海外翻訳版】
 
 
タイトル:
50 Tips for Successful Customer-centric Strategies — Lessons from Japanese companies for genuine customer satisfaction based on consumer-oriented thinking
出版社Amazon Kindle
著者名:Takahisa Nagai (Author), Tadamine Maki (Translator)
内容:「バリュープロポジション戦略50の作法 – 顧客中心主義を徹底し、本当のご満足を提供するために」の英訳版。
This book provides 50 tips for properly designing and implementing marketing strategies. The advice covers a variety of marketing theories based on the notion of value propositions, and includes actual business case studies from Japan to support the ideas presented.
出版年月:2012年3月
価格:2.88$
 
タイトル:100円のコーラを1000円で売る方法
出版社:中経出版
著者名:永井孝尚
内容:新人商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、「Appleにできて日本企業にできない壁」だった。彼女は日本が抱える課題—-「高品質・多機能。でも低収益」から脱却できるのか?
コトラーからブルーオーシャン、キャズム理論まで、マーケティングがわかる10の物語。
出版年月:2011年11月
価格:1,400円(税別)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon






【海外翻訳版】
   
 
タイトル:
残業3時間を朝30分で片づける仕事術
出版社:中経出版
著者名:永井孝尚
内容:現役のビジネスパーソンによる実践的な朝時間を有効活用の成果・効果を公開。実体験を元に、朝シフトにより夜の6倍生産性をあげる理由を分析。仕事の質と生産性を向上し、家族と過ごす時間、自分のための時間が増やし、ライフワークをしっかりと楽しむ、そんな朝時間の有効活用により、仕事とプライベートを充実させる啓蒙書。
出版年月:2011年7月
価格:1,300円(税別)
書評:ブクログ  読書メーター MediaMaker Amazon





【海外翻訳版】

 
タイトル:バリュープロポジション戦略50の作法 – 顧客中心主義を徹底し、本当のご満足を提供するために
出版社:オルタナティブ出版
著者名:永井孝尚
内容:二冊目の自費出版。顧客視点による差異化を考える上で有効な方法論が、バリュープロポジション。本書は、このバリュープロポジションという概念を、見開き(2ページ)で1章にまとめて、合計50章のコンパクトな一冊にまとめたもの。
出版年月:2011年3月
価格:1,200円(税別)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon 
 
タイトル:朝のカフェで鍛える実戦的マーケティング力―真の仕事力は、理論と実践の両輪から
出版社:秀和システム
著者名:永井孝尚
内容:初の商業出版による本。「100円のコーラを1000円で売る方法」のベースとなりました。
意外と知らない、真の顧客志向とは?法人向けマーケティングについて物語仕立てでわかりやすくまとめた法人向けマーケティングの本。 。
出版年月:2009年11月
価格:1,500円(税別)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon
 
タイトル:
戦略プロフェッショナルの心得 ―ビジネスの現場で、理論だけの戦略が実行できない理由
出版社:オルタナティブ新書
著者名:永井孝尚
内容:自費出版で上梓した処女作。企業の中で実際に戦略の立案と実践に携わっている筆者が、自身の経験を基に、ビジネスの現場で戦略を策定し、実施する場合に必要とされる考え方を、具体的な「心得」という観点で、戦略サイクルの各段階に沿ってまとめたもの。
出版年月:2008年9月
価格:979円 (税別)→完売につき廃刊 / 2,056円 (オンデマンド印刷版)
書評:ブクログ 読書メーター MediaMaker Amazon