永井孝尚ブログ

ブログ一覧

読書する人は、よりフローを体験する

「フロー体験」という言葉をご存じでしょうか?

何かに夢中になって没頭し、あっという間に時間が過ぎる体験のことです。

私の場合、午前7時に仕事を始めるのですが、原稿書きに夢中になるとあっという間に4〜5時間経過し、ランチタイムになることがあります。こんな時はいい本が書けているし、充実感もあります。
同じような体験をする方も多いと思います。

心理学者のチクセントミハイは、「幸せの根本とは何か?」を研究し、芸術家などの創造的な仕事をしている人に注目しました。

ある作曲家は「自分が存在しないような感覚になり、手が勝手に動き曲を作るのを、ただ驚いて見ているだけだった。曲が泉のように湧きだしてくる」と表現しました。

このように彼らは普段と異なる「忘我の境地」に入るときに、まるで水が湧き出て流れるように、創造的な活動を行っていたのです。

チクセントミハイは、この泉のように「流れる(flow)」状況を「フロー体験」と名付けました。

 

フロー体験は、私たちの仕事でも起こります。チクセントミハイは、ソニー設立時の井深大さんの開発チームは、常にフロー状態にあったと述べています。

このフローは、次の3つの条件が揃ったときに生まれます。
①具体的な行動を必要とする、明確な目標があること
②行動し結果したフィードバックがすぐに得られ、うまくいったかどうかわかること
③自分のスキルレベルとその挑戦レベルが、高いレベルで釣り合っていること

フロー状態になると自意識が消え、他を考える余裕がなくなり、自分が強くなったように感じ、まるで数時間が1分のように感じます。まさに「忘我の境地」ですね。

脳の能力には限界があります。フローは大きな集中力が必要なので、フローになると脳は情報を遮断し、他に注意を払う余裕がなくなります。脳の能力をマックスまで引き出すことで、人は創造的になるのです。

 

ドイツでフロー体験について大規模な調査が行われたことがあります。「多くの本を読み、テレビをほとんど見ない人たち」が、最も多くのフロー体験をしていました。逆に「滅多に本を読まず、よくテレビを見る人たち」は、最も少ないフロー体験をしていたそうです。

自分の頭や身体を使い、能動的に好きなことをしているとフローは起こりやすくなります。
しかし好きなことでも受動的な活動では、なかなかフローは起こりません。

良書は、自分の脳の力を引き出し、高めて、読者をフロー体験にいざなってくれます。
やはり読書は大切だと思います。

 

■当コラムは、毎週メルマガでお届けしています。ご登録はこちへ。

Facebookページでも、色々な情報がご覧になれます。

 

 

朝活勉強会「永井塾」第23回「第5水準のリーダーシップ」を行いました

昨日1月9日(水)、第23回朝活勉強会「永井塾」を行いました。

テーマは「第5水準のリーダーシップ」。

「低迷企業を変革するのは、先見性とカリスマ性を持ったリーダーだ」と思われがちです。
しかし経営学者ジム・コリンズが、長期低迷した後、飛躍して好業績を長期間継続した企業11社を実際に調査してみると、真実はまったく違いました。

カリスマ性があるトップ就任が飛躍のきっかけになった企業は皆無。
11社では、就任時に「彼で大丈夫か?」と心配されたトップが飛躍を実現していたのです。

ジム・コリンズは彼らを「第5水準のリーダー」と名付け、「ビジョナリーカンパニー2」という本にまとめました。
彼らは一見謙虚でおとなしく人前に出たがらないのですが、「偉大な企業を作る」という強い意志を持ち、大胆な判断をします。

そしてジム・コリンズは「ほとんどの企業はこのやり方で努力を続ければ偉大になれる」という方法論を提示しています。
ということで、テキストはこちらでした。

本書は米国11企業への調査でが、本書に書かれていることは、「日本の優秀企業研究」(新原浩朗著)で示された次の「優秀な日本企業の特性」と強い整合性があるのも、興味深い点でした。

日本の優秀企業とは…
「自分たちが分かる事業を、やたら広げずに、
愚直に、真面目に
自分たちの頭できちんと考え抜き、
情熱をもって取り組んでいる企業」

質疑応答時間は、参加された方々と30分間議論して、全社員が意思決定権を持つ「ティール組織」について考えるなど、さらにこのテーマを深掘りできました。

今回も多くの方々にご参加をいただきました。有り難うございました。

次回の朝活勉強会「永井塾」は2月6日(水)。「法人セールスのための戦略販売」というテーマで行います。

詳しくはメルマガでご案内していますので、参加希望の方はメルマガにご登録いただければ幸いです。ご参加をお待ちしております。

達成目標よりも、行動目標

先週、ブログで「目標は、具体的に」と書きました。その補足です。

目標は数字で具体的に考えることが必要です。

ただ、目標は大きくわけて2つあります。「達成目標」と「行動目標」です。
両者をわけて考えることが必要です。

「今年、売上〇〇〇〇円!」は、達成目標です。
「今年、毎日〇〇〇する!」は、行動目標です。

数字が達成できるかどうかは、運不運があり、なかなかコントロールできません。
しかし行動には、運不運はありません。要は「やるか?やらないか?」。
自分の行動は自分でコントロールできます。

行動と、その行動による結果との因果関係がある程度見えていれば、しめたもの。
行動目標を立ててそれを実現することで、達成目標も実現できる可能性が高いのです。

運不運もあるので、達成目標が100%実現できるとは限りません。
しかし長い目で見れば運不運も平準化していきます。
だから常に行動目標を実現できれば、達成目標もおおむね実現できるようになります。

一方で長い時間が経過すると、周囲の状況も変わっていきます。行動目標を堅持することは必要ですが、状況が変わったら柔軟に見直していくことも必要です。

自分の行動目標を具体的に立てて、地道にクリアし続けることを繰り返していきたいものです。

 

 

■当コラムは、毎週メルマガでお届けしています。ご登録はこちへ。

Facebookページでも、色々な情報がご覧になれます。

 

 

目標は、具体的に

新年になりました。今年の目標を考えている人も多いのではないでしょうか?

「家族全員、仲良く健康で暮らせるように」
「今のプロジェクトを成功させたい」

いろいろあると思います。

仕事で目標を考える場合、大切なポイントは具体的に考えることです。

たとえば「今年は、仕事で成功したい」。
たとえば「ウチのお店に、大勢のお客さんに来て欲しい」

これではやや曖昧です。
曖昧な目標は、ともすると「単なる願望」に終わります。

目標を達成するには、具体的な目標を数字で考えることです。
具体的に考えることで、初めて何をどのように進めるべきなのかがわかり、実際の行動に繋がります。

この三が日に、今年の目標を具体的に考えてみたいですね。

ちなみに私の今年の目標は次のとおりです。

■4月と11月に、ビジネス書を出版する
■朝活勉強会「永井塾」を、毎月開催する
■講演・ワークショップを、2000名にご提供する
■これらを実現するために、健康を維持する

今年1年間、いい年にしたいですね!

 

 

■当コラムは、毎週メルマガでお届けしています。ご登録はこちへ。

Facebookページでも、色々な情報がご覧になれます。

 

 

2019-01-01 | カテゴリー : ビジネス | 投稿者 : takahisanagaicom